Anglia Ruskin University

 HOME → コース概要

事務局スタッフのAnglia Ruskin訪問レポート 2011

3月16日にロンドン郊外のChelmsford(Kings Streetから電車で35分程)のキャンパスを訪問しました。
大変綺麗でモダンなキャンパスが4-5つ建てられ、全てのキャンパスに''Marconi
(ラジオを発明した人、Chelmsfordに住まいが残る)''等何故か男性の名前が付いています。
ここにはHealth and Careがあり、Nursingのコースはこちらにあります。語学コース(英語を含む)、
ビジネスのコースはどちらのキャンパスにもあります。
他Student houseもありました。大変沢山の学生で賑わっていますが、当然ですが殆どがブリティッシュです。
図書館は何と4階建てです。職業を紹介してくれる所もあり、広いキャンティーンもあります。
Chelmsfordの街自体はこ綺麗な少しポッシュなロンドン郊外の街といった面持ちです。
Cambridgeと共に何年か前の調査で住み易い町のトップ10に名前が挙がったそうです。
ショッピングモール、スシレストラン、Marks and Spenser等大抵あります。



3月17日はケンブリッジキャンパスの見学でした。
ここにはChelmsfordよりも少し小規模なキャンパスが乱立するように建っています。こちらも''David''等の男性の名前の付いたキャンパスばかりです。
メインキャンパスは大変モダンなガラス張りの綺麗なキャンパスですが、昔ながらのレンガ造りのキャンパスもあったりもします。
ケンブリッジの方にはファンデーションコースを開催しているCRIC、眼科医のコース、アート&デザイン等が入っています。また綺麗なやはりガラス張りのカフェ、シアターはブックオフィスもあり、本格的なイベントが開催されています。Student Houseもあります。印象的だったのは、Wifi設備つきのLaundry RoomとNurseryです。



留学生の国々

留学生は多国籍で、ノルウェー、トルコ、シリア、リビア、インド、モルディブ、ガーナ、ドバイ、
サウジアラビア、マレーシア、中国、台湾、ベトナム、韓国、香港、タイ、ウズベクそれに数人の
日本人留学生がいます。


お問い合わせ
Anglia Ruskin University 日本事務局

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘27-1 エグゼクティブ渋谷 305号室
TEL:03-5428-0307 FAX:03-3462-6500
メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) Anglia Ruskin University Japan Office All Rights Reserved. Copyright (C) 2011 ADF Inc. All Rights Reserved.